2010年1月28日木曜日

アップルのタブレット型モデルiPadではiPhone用アプリもできる

アップルのタブレットPC「iPad」が発表された。
アップル、タブレット型モデル『iPad』を発表〜3月下旬発売・$499から - iPhone・iPod touch ラボ

商品名は「iPad」か?、いや「iSlate」か?と騒がれていたが、結局「iPad」にしたらしい。

個人的には、発音もスペルもiPodとかなり似ているから、「iSlate」(slate=石版の意味)の方が間違われないし、ステキなんじゃないかと思っていたんだけど・・・。

Apple - iPad - Features - The best device for web, email & photos.
アップルのiPadサイトを見てみたら、ビデオがとても刺激的だった。ジョブズは常に「説得するのではなくインスパイアする」ことを意識しているらしいが、このビデオにはかなりインスパイアされた。

発表前は、どうせ大きいiPhoneでしょ、って思っていたのだが、大きいiPhoneでもそれを実際に体験できた時の感覚はとてもスゴそうだ。

まず、薄くて軽い。
フルブラウザのブラウジングも、iPhoneの操作と同じようにスムーズにできる。でも、キーの幅が広くてiPhoneより格段にタイピングはしやすそう。

そして、フォトビューがスゴイ。
この大きい画面でフリップしながら写真を見たり、置いておいてスライドショー表示したりできると、デジタルフォトフレームはもはや要らなくなるかもしれない。

しかもメールもできるし、iPodで音楽も聞ける。iPhoneでもiPadでもiTunesで音楽管理できるので、楽曲データが同期できるのもいい。

YouTubeも見られる。この大きな画面でビデオが見られると迫力が違うんじゃないか。是非iPadでTahnyaのビデオを見てみたい。

地図も見られるし、ノートも取れる。私が学生でiPadを持っていたら、ノートはiPadでとるんじゃないか。

注目を集めていた電子書籍。価格は$9.99(1,200円)らしい。防水対応だったら、iPadをお風呂に持ち込んで、ゆっくり半身浴でもしながら本が読めるのになぁと思う。日本では防水対応携帯も多いのでそういった発想になり易いが、アメリカではどうなのだろう。


そして個人的に予想外だったのはApp Storeで購入したiPhone用のアプリも動作することだ。これには驚いた!これまでiPhone用のアプリで使っていたものはツール系が殆どでゲームにはあまり興味がなかったが、この画面サイズだとゲームをする気が起きるかも。アプリを作る際も、iPadでの利用シーンを考えてアイデアが出せそうだ。

今年はAndroidが注目を集めそうなので、アップルは何をしてくるのだろうと思っていたが、iPhone用アプリが利用できるiPadを出して、アプリが動作する環境を拡げることで、アップルのプレゼンスを高めたのではないだろうか。


iPadを買ったら、ベッドルームでもリビングでもトコトコ持ち運んで手離せなくなりそう。
早く日本でも出ないかな。
日本でリリースされるとしたら、やっぱりソフトバンクから出るのかな?
多分、孫さんもiPad、気に入るんじゃないかな(^^)。