2010年12月8日水曜日

Google eBookstoreで無料ePubをダウンロードしてGalaxy Tabで読んでみる

Google eBookstoreがオープン。

残念ながら書籍を購入できるのはUSオンリーで、日本からは無料のお試し書籍を閲覧することしかできないが、現時点で300万もの書籍データが用意されている。
Discover more than 3 million Google eBooks from your choice of booksellers and devices - Official Google Mobile Blog

Google Booksプロジェクトそのものは、2004年から書籍データのデータベース化などを始めたようだが、ようやくストアのオープンに至ったようだ。Googleはいくつものプロジェクトを矢継ぎ早にリリースしているイメージがあるが、その裏では、研究や準備を何年も続けているものもあるのだろう。


GoogleのeBookstoreの特徴は、一冊の本を、PC、iPad、iPhone、iPod Touch、Android OS端末など、複数のデバイスで閲覧できることだろう。

Androidアプリをダウンロードしようとしたが、日本国内からAndroid Marketでダウンロードしようとすると、残念ながらアプリが見つからないというエラーが表示され、アプリのダウンロードはできないようだ。

しかし、無料のお試し書籍にePubデータがあるので、このePubデータをダウンロードしてGalaxy Tabで読んでみた。使用したのは、デフォルトでインストールされていたアプリ「ブック(eBook)」。

ePubデータをインポートして開いてみたところ。

フリップでページをめくり、単語の長押しで辞書検索や、WikipediaやGoogle検索、ハイライト表示、コピーなどができる。


出版社だけでなく、もし個人レベルでもGoogleのeBookstoreで書籍販売ができるようになれば、今後面白いことになりそうだ。