2011年1月20日木曜日

久々にゲームが欲しくなった。Nintendo 3DS版「時のオカリナ」

昨日、任天堂3DSの発売に向けた記者会見がN.Yであった。

CrunchGear
Nintendo 3DS Spy Report, Part 2: Hands-On With Zelda, Super Street Fighter IV & More

ラインナップの中には、昔、任天堂64で発売された3Dゲームの銘タイトル「時のオカリナ(64発売時のページがまだ残っているとは?!)」も含まれている。

「時のオカリナ」には当時、映像のクオリティ、UIのデザイン、3次元でのカメラワークの秀逸さなどなど、その素晴らしさにものすごく感動したことを覚えている。いかに3次元空間でユーザーに没入してもらうかという参考資料で、自分の修論で取り上げたくらいだ。いや、本当にすごいんですよ、このゲーム。

それが今や、手のひらサイズの機体でプレイ出来るようになったとは。
あの世界は大画面で体験してもすごいと思うが、電車の中などの移動中でも「時のオカリナ」がプレイできるという体験もすごい。


早速、YouTubeにプレイ画面をアップしている方がいる。



UIが3DS用に刷新されている。
動作も軽快なようだ。

もともと、64のコントローラーの特性をフル活用したゲームだったが、今回3DS用にリバイズされて、UIがどのように変化したのか、興味がある。

動画では、スタイラスペンを左手に握りながら操作をしていたが、パッと見、ボタンとペンの両方使いはあまり便利とは思えない。その点、何か不便さを感じなかったり、ペンを使う意味だったりがゲームに加えられているのか。ゼルダのチームだったらそれくらいのクオリティはありうる。事務員さんが指先にはめている指サックなどを使えば、手だけで操作できるかもしれない。

いやあ、でも、あのパチンコを見るとテンションが上がる(゚∀゚)。

久々に欲しいと思うゲーム機体とタイトルだ。