2010年11月15日月曜日

マップ上データのビジュアル表現で参考になるサイト

マップ上にデータをマッピングする時のビジュアル表現として、参考になるサイトやアプリケーションを幾つかリストアップ。


1. The Open PV Project

The Open PV Project - Time Map
全米各地の太陽光発電システムの導入を、ヒートマップのようにプロットしている。Google Map API+Flashを使用。


2. A World Of Tweets

a world of tweets
Twitter Streaming APIとYahoo! Placemaker APIを使ってツイートの密度をヒートマップや煙のような雲で表示している。HTML5のCanvasを使用。


3. Magic Fiddle, Glee, Magic Piano, Ocarina by Smule

Smuleが作っているiPhoneやiPadアプリでの地図上のデータ表現は、どれも直感的で美しく、参考になる。

Magic Fiddle by Smule - Experience Social Music

Glee by Smule - Experience Social Music

Magic Piano by Smule - Experience Social Music

Ocarina by Smule - Experience Social Music