2010年2月12日金曜日

Google Buzzで気になること

Google Buzzがリリースされてから数日。いくつか気になった点についてまとめてみた。

ちなみに、Buzzについては以下のページが詳しい。
琴線探査: ファーストインプレッション - Google Buzz

  • Buzzだけで使う名前が欲しい

  • Googleではプロフィールを編集するページがいくつかある。Bloggerのプロフィールページだったり、「Googleプロフィール」のプロフィールページだったり。

    BuzzではGoogleプロフィールが使われるが、Googleプロフィールは他のGoogleサービスでも使われるのでユニバーサルなプロフィールになる。

    なので、Buzzで使用するニックネームや公開する個人情報など、Googleプロフィールそのままが使われることが逆に不便に感じた。Buzzには出したいけど、他のサービスでは出したくない、そういった個人情報は結構あると思う。Bloggerと同じように、BuzzはBuzzで、別にプロフィールを編集できるページを作った方がよかったのではないだろうか。

    また、一番気になったのはニックネーム。Googleプロフィールは「検索して見つけてもらえるようにフルネームを表示する」にデフォルトでチェックが入っている。これまでBuzzなどソーシャルなGoogleのサービスを使わなかったから姓名欄にリアルにフルネームを入力していた人は、Buzzでいきなり本名がガッツリ表示されて戸惑うのではないだろうか。

    「検索して見つけてもらえるようにフルネームを表示する」のチェックをオフにすれば、「ニックネーム」や「その他(旧姓やあだ名など)」に入力しているものが、公開時の名前として扱われる。が、今の所、この部分の動作が怪しい。

    チェックをオフにしてセーブしたのに、またチェックが入っていたり。iPhoneの「Google Mobile App」ではニックネームになったが、AndroidやPC版ではまだ姓名のフルネーム表示だったり。一旦Googleアカウントにログインし直してもアプリやページを再起動し直しても表示が変わっていなかったり。ニックネームでの表示については、なんだかまだ不安定のようだ。

    本名で、しかも、かなり詳細に現在地が表示される。

    このことについては、ファーストリリースの段階から、もう少し配慮や隠す仕組みが欲しかったですね。


  • Twitterとの連携部分の動作が怪しい

  • Twitterでツィートした内容がBuzzにプッシュされる時とされない時がある。私は、Bloggerの記事をTwitterfeedでTwitterにツィートしているが、それは反映される模様。でも通常のツィートはBuzzにはでない。

    Twitterなど外部のWEBサービスとの連携は「接続済サイト」として管理できる。初めてTwitterを接続済みサイトに追加したときは直近のツィートがBuzzに表示されたのだが、それから出ない。ナゼだろう。

    そもそも、接続済みサイト自体の動作がまだ不安定のようだ。接続済みサイトを編集して5つから3つに減らしても、次にBuzzページを見たら、また5つに戻ってたり。

    この点は、まだリリースされて間もないからしょうがないかもしれない。

    <追記>
    Buzzに反映されるまでタイムラグがあるだけかもしれない。14時頃のツィートが18時頃にBuzzに投稿されていた。


  • PCで、iPhoneで、Androidで、できることがそれぞれ違う

  • Buzzは現在、3つのプラットフォームで使用できる。

    ・PCでのGmailと連結したBuzzページ
    ・iPhoneのGoogle Mobile AppでのBuzzレイヤー
    ・AndroidのGoogleマップでのBuzzレイヤー

    それぞれ微妙にできることが違うので、何が「Google Buzz」なのか、はっきりしない。

    例えば、位置情報について。

    PC版では、投稿に位置情報がつかないし、そもそも地図状態での表示がない。

    iPhoneのGoogle Mobile Appでは、投稿に位置情報をつけられる。
    しかも、近くのスポットを選んだり、マップから現在地と全く別の場所を選んだり、嘘を付くこともできる。 今回の投稿だけ位置情報をつけないとか、ずっと投稿には位置情報をつけない、といった選択も可能だ。

    AndroidのGoogleマップでも、投稿に位置情報をつけられる。
    でも、現在地と全く別の場所を選ぶことはできないし、位置情報をつけずに投稿することができない。

    Androidについては、初回投稿時だったか、現在地を違う場所にしたり、位置情報をつけないという選択ができるメニューを一度目にしたが、その後、そのメニューがどこから呼び出せるのかわからないままでいる。

    また、Androidといっても、HT-03Aの1.6とNexus Oneの2.0など、OSのレベルによっても、もしかしたら機能の差があるのかもしれない。

    と言ったように、動作する各プラットフォームで動作が異なると、何がBuzzなのか、よくわからなくなってくる。Twitterのようにタイムライン表示もあるのだが、それがBuzzのメインページなのだろうか?

しかし、Googleがまた有益なサービスを作ってくれた。

5月19-20日のGoogle I/OではBuzzについてのセッションも予定されているので、その辺をターゲットにしてBuzzのAPIもリリースされると思われる。

Googleが作ってくれた、そのお皿の上で、どんなおもしろいことが出来るのかイメージをふくらませてみよう(^^)。
Thanks Google!