2011年8月16日火曜日

AmazonのMP3ダウンロードへ楽曲を提供するにはディストリビューターとの契約が必要。個人単位で契約できる所は意外に多い。

先ほどの記事「AmazonのMP3ダウンロードが凄いね。DRMフリーで特に洋楽系は品揃えが豊富。1Click注文も便利。」にも書いたとおり、便利なアマゾンのMP3ダウンロードなのだが、ではアマゾンへ楽曲を出品するにはどうしたらいいのだろう。

インディーズなどのミュージシャンでも楽曲提供は可能なのだろうか。


MP3 レーベル・アーティストガイド」には、ディストリビューターとの契約が必要とある。2011年8月現在、国内だけでも12社のディストリビューターが、個人単位での契約も受け付けている。以前少し調べたことのある「viBirth」もリストアップされている。

viBirthについては、以下の記事が詳しい。
琴線探査: 楽曲課金の問題もクリアされたかもしれない? 「viBirth」

2009年の記事だが、現在でも、アーティスト会員で月額3,150円でiTunes、Amazonを通した楽曲販売が可能だ。


インディーズミュージシャンがインディペンデントで活動していける販路は、拡大しているようだ。