2010年9月7日火曜日

Google Buzz widgetで久々にBuzzってみる

Google Buzz widgetについてandronaviで紹介されていた。
『Google Buzz widget』~「Google Buzz」の投稿を簡単に行えるアプリ~ | andronavi (アンドロナビ)

知らなかったが、このウィジェットがリリースされたのは3月18日ということで、半年ほど前にはリリースされていたらしい。
Introducing Google Buzz widget for Android - Official Google Mobile Blog

試しにインストールして、Buzzは今どういう感じなのかチェックしてみる。

ウイジェットの左端にあるBuzzアイコンでBuzzページが起動する。テキストボックスをタップすると文章入力へ。

バズマップを開いてみると、やっぱりまだ閑散とした状態だ。まるで一人、世界の中心で愛をさけんでいるよう。

Voice Translatorをインストールしているので、Simejiのマッシュルーム機能を使って、Buzzでも「しゃべって入力」ができる。

ロケーション情報はデフォルトで現住所の郵便番号が入力されている。タップして近くの店などを指定することもできる。さらに、以前試した時とは違って「Remove location」ボタンが加わっている。iPhoneのGoogle Mobile Appだけでなく、AndroidのBuzzクライアントでも、現在地情報を非表示にできるようになっていた。

早速Buzzへポストしたら、失敗してしまった。

Googleプロフィールで「検索して見つけてもらえるようにフルネームを表示する(Google バズと Latitude も必要)」にチェックを入れないと、Buzzへポストできないようだ。この説明では、いまひとつ分かりづらい。



何が公開・表示される内容で、何が隠される情報なのかが、やっぱりこのページの文章だけでは分かりづらい。

結局、今でもBuzzに表示されるのは、指定したニックネームではなく、姓名のようだ。そしてその姓名はGmail側でもそのまま利用されている。Buzz側でニックネームで表示したいからと言って姓名を変えてしまうとGmailの連絡先にも影響が出てしまう。これはどうにかならないものか。。。


また、せっかくBuzzを使うようにするんだったらブログのサイドにBuzzのガジェットを表示してみようかと、サービスを探してみた。


但し、このサービスを使うのであれば、GoogleプロフィールをURLとして公開する必要がある。Googleプロフィールのページには、そのURLは

http://www.google.com/profiles/Google のメールのユーザー名

になると書いてあるが、実はそれは変更可能だ。


プロフィールのURLにチェックを入れて「変更を保存」ボタンを押す。
すると、「その他のオプションを表示」リンクが現れる。


「その他のオプションを表示」をクリックすると、ユーザー名の部分が数字化されたURLが現れるので、そちらにチェックを入れて再び「変更を保存」ボタンを押す。


プロフィールページが、プロフィール非公開の時と同じ状態になる。
しかし、先程選択したURLでプロフィールページが公開されている。

はっきり言って、この仕様はよくない。
ユーザーにとって、プロフィールが公開されているかどうかが分かりづらいし、公開URLを後で知ろうと思っても難しい。

Buzzには、こういった詰めの甘さがところどころ見えるのだ。。。


でも、しばらくBuzzも使ってみましょうかね。


※追記 2010.09.09
BuzzCounter.netのガジェットは、Buzzへ投稿してもガジェットの表示内容が更新されないので、結局はずしました(^^;)