2010年7月7日水曜日

ドコモマーケットを一般のFOMA端末にも提供へ。サービス開始時期は11月。

2010.07.07 Android(アンドロイド)スマートフォン・アプリ情報 - ガプシス
NTTドコモ、冬モデルで7機種前後のスマートフォンを投入。来春にはXperia次期モデルを予定

2010.07.07 琴線探査
琴線探査: ドコモはすでにiモードを見切っているかもしれない | スマートフォン年度内に7機種投入 ドコモ 電子書籍型も検討 - 日経

ドコモは、スマートフォンを7機種程度に増やし、来春には「Xperia」の次期モデルも投入。
さらに、来年4月から販売する端末には原則、SIMロック解除機能を搭載する。

スマートフォンでのシェア拡大にドコモは熱心だ。
賛否両論あるが、SIMロック解除について、実施時期も含めて明言したのも驚きだ。


加えて、スマートフォン向けのコンテンツ・ポータルサイト「ドコモマーケット」を一般のFOMA端末にも提供することも決めた。サービス開始時期は11月。

これまでiモードにコンテンツを提供するためには、登録をし、企画書を作成して送付し、審査され・・・という段取りだった。11月以降は、間口が少し広がり、公開までの手間も省けるようだ。

ガプシスの記事には、

個人のクリエイターが制作したコンテンツも掲載されるようになるという。

とあるが、ドコモマーケットへの掲載申し込みページでは、必須項目として「御社名」があり、基本的には法人をターゲットにしたもののように感じる。
ドコモマーケットへの掲載お申込み | ドコモスマートフォンサイト | NTTドコモ

個人でも掲載は可能なのだろうか?
現在のドコモマーケットに個人開発者のアプリは、ざっと見、見当たらないのだが。


また、FOMA端末で動作させるということは、Androidアプリをdojaアプリへ変換するということなのか。両方共Javaをベースにしているし、変換できなくなさそうだが。

でも、FOMA端末でもAndroid機と同じ動作が可能なのか?
・・・この部分はまだよくわからない。