2010年7月7日水曜日

三鷹散策。ミュシャ展~太宰治 文学サロン~多摩の恵

先週末、三鷹付近を色々と散策。
メインターゲットは、三鷹市美術ギャラリーで開かれていたミュシャ展。


公開最後の週末とあってか、押し合いへし合いの混雑ぶり。美術館にこれほどたくさんの人が集まっている状況を見たのは初めてだった。日曜美術館のアートシーンでも紹介されていたし、ミュシャの人気の高さもあったのだろう。

混んでいたので、じっくり鑑賞することは難しかったが、本物のミュシャの作品を150点も一斉に見られたことに感謝。

実際の作品の繊細な色使いや曲線は、家にあるポスターやカレンダーのそれとは、やはり違っていた。想像していたより控え目だった。

ミュシャのリトグラフは、ハートや星、植物などのモチーフが印象的に使われていて好き。
勿論、図録を購入。
サプリーンのスタンプなどの参考になりそうだ。


駅前を歩いていると、「太宰治 文学サロン」なるものが近くにあるということなので、ちょっと寄ってみた。


「あまりたいした資料はないのですが・・・」
とガイドのおじさんが資料について話しだしたら、これが・・・。内容が盛りだくさん(´∀`;)。

太宰治氏関連だけでなく、三鷹市の戦前、戦後の歴史についてもたくさんの話を聞かせてもらえた。結局、ふらっと寄ってみるつもりだったのだが、1時間ほど長居をしてしまった。

太宰治 文学サロンは、「市民の交流の場として開いた」らしいが、納得。単なる資料館ではなく、メインはガイドの方々とのおはなしですね(^V^)。一度伺ってみると楽しいと思います。三鷹市の勉強になりますよ。


「新井屋酒店」さんという駅近くの酒屋さんで「多摩の恵」という地ビールを購入。

「どこから来たの?」と気軽に声をかけてくれる。続いて、三鷹の話が始まり(^^;)。
文学サロンでも感じたが、三鷹の地元の方々は三鷹が好きなのだなと思う。

その、購入した「多摩の恵 ボトルコンディション」。濃厚な味わいで美味しかった~!


東京都福生市にある「石川酒造株式会社」さんが作っている。酒造り150年近くを誇る老舗の醸造所だ。

ボトルコンディションだけでなく、他の種類も飲み比べてみたいので、今度「多摩の恵 おすすめ6本セット」をお取り寄せしてみよう。ただいまならブルーベリーの特徴を活かした、ブルーベリーエール入り(^-^)/。