2010年5月30日日曜日

YouTubeのプレイリストでシャッフルのインターフェースが出る場合と出ない場合

YouTubeのプレイリストで、シャッフル再生のインターフェースが表示される場合と、表示されない場合があることに気づきました。


このシャッフル(オン)やシャッフル(オフ)のインターフェースが出るものと出ないものがあるのです


以下、その情報の整理。
()の中はバージョン番号です。

[Windows XP SP3]
・Google Chrome(5.0.375.55) → ○
・Internet Explorer 8(8.0.6001.18702) → ×
・Mozilla Firefox(3.6.3) → ×
・Apple Safari(4.0.5) → ×

[Windows Vista SP2]
・Google Chrome(5.0.375.55) → ○
・Internet Explorer 8(8.0.6001.18904) → ×
・Mozilla Firefox(3.6.3) → ×
・Apple Safari(4.0.5) → ×
・Opera(10.53) → ○
・Lunascape6(6.0.3) Trident → ○/Gecko → ×/WebKit → ○
・Sleipnir(2.9.4) → ×

[Mac OS(Snow Leopard 10.6.3)]
・Google Chrome(5.0.375.55) → ×
・Mozilla Firefox(3.6.3) → ×
・Apple Safari(4.0.5) → ×
・Opera(10.53) → ×

Vista上にしかOperaとLunascapeをインストールしていなかったので、OperaとLunascapeはVistaでしか動作の確認が取られませんでした。もしかしたらXP上でも、OperaとLunascapeは同様の動作をするかもしれません。

同じバージョン番号のブラウザでも、OSが異なると動作しなかったり、この違いは何なんでしょうねぇ。


ちなみに、動画再生サイズは必ず「360p」(最も小さいサイズ)にしないと、そもそもこのシャッフルのインターフェースは表示されません。最小サイズ以外では、シャッフル再生が可能なブラウザでも、シャッフルのインターフェースが表示されなくなるのでご注意。


360pの最小サイズでの再生でないと、そもそもシャッフルのインターフェースは表示されません

うーむ、動画再生時のサーバ負荷を減らそうというYouTube側の意図を感じますねぇ。


※追記 2010.07.10※

Windows XP SP3で、「Opera(10.60)」と「Lunascape(6.1.7)」についても動作を確認してみました。

・Opera(10.60) → ○
・Lunascape(6.1.7) Trident → ○/Gecko → ×/WebKit → ○

Vistaでの動作と同じ結果となりました。

また、Internet ExplorerとSleipnirでも、互換表示モードにすると、シャッフルのインターフェースが表示されました