2012年10月29日月曜日

YouTube動画をダウンロード可能にする機能はTOS違反。・・・だよね?

YouTubeの動画をダウンロードさせるアプリケーションがApp Store等で幾つも公開されている。中には有料のアプリだってある。これってアリなの?と普段から気になっていたので調べてみた。


Terms of Service - YouTube — Google Developers

I. API Use
Compliance with Terms.
You may use the YouTube API, and the data, content, and information made available through the YouTube API ("API Data"), in connection with a website or software application ("API Client") developed by You only in accordance with the terms and conditions of this Agreement, the YouTube Terms of Service (currently located at http://www.youtube.com/t/terms), the YouTube API documentation and specifications (currently located at http://code.google.com/apis/youtube/overview.html), and the developer credentials and API Client IDs assigned to you by YouTube.


「開発したWebサイトやアプリケーションで、YouTube APIを通してデータ、コンテンツなどの情報を扱いたい場合は、YouTubeの利用規約、YouTube APIのドキュメント・仕様、開発者証明、YouTubeのAPI Client ID(YouTubeによって割り当てられたID)への合意によってのみ使用を許可される。」意訳するとこんな感じか。


そして、YouTubeの利用規約の「5. お客様によるサイト上のコンテンツの使用」の項目Bには、ダウンロードを許可しない記述がある。

本コンテンツは、「現状有姿」でお客様に提供されています。お客様は、本コンテンツに、本サービスの機能により意図されており本サービス条件により認められている限度で、参考目的での個人的な利用のためにのみアクセスすることができます。お客様は、「ダウンロード」または同様のリンクが本コンテンツについて本サービス上でYouTubeにより表示されている場合を除き、いかなる本コンテンツもダウンロードしてはなりません。

「本サービス上でYouTubeにより表示されている場合」はダウンロードはOK、ダウンローダーのようなソフトウェアのダウンロードリンクはダメ、という所まで書いてある。動画のオーナーだったら自分がアップした動画にはダウンロードボタンが付いているが、それのみOKということだろう。


ダメ押しで、FAQにもちゃんと書いてある。

YouTube 動画をダウンロードできますか?

いいえ。YouTube 動画をサイトからダウンロードまたはそれを試みるサービスを提供しているウェブサイトは数多くあります。しかし、コンテンツの提供時に YouTube によって「ダウンロード」リンクまたはそれに類似するリンクが表示されている場合を除き、YouTube 動画をダウンロードすることや外部のアプリケーションを使用して動画をダウンロードすることは、動画所有者の著作権を侵害し YouTube の利用規約に違反する行為です。


やっぱり、YouTube動画をダウンロード可能にする機能はYouTubeのTOS違反だ。

でも、そんなアプリでもApp Store等の審査で弾かれないのが不思議。

App Store等にしてみれば、自らのTOSを遵守しているかは確認するが、そのアプリが利用しているAPIまでの遵守確認は行わない、そこまでは知ーらない、ということか。


ダウンロードできると便利なシーンはいろいろあるが・・・。でもTOSに反するようなアプリをユーザーさんには使わせられない。

自分がアプリを作るときにはTOSに反しないように意識しておく。