2011年11月29日火曜日

ゲームコンテンツ販売に厳しい韓国でAndroid Marketのゲームカテゴリーが解禁された

昨年、韓国のAndroid Marketでもアプリの購入・販売ができるようになったが、韓国のAndroid deviceのアクティベーション数はトップクラスのようだ。

今日のAndroid Developers Blogの記事によると、Android Marketでのアプリダウンロード数も激増していて、今や2番目にアプリダウンロードが多い国とある。

あれ、日本は何位なのだろう。

Android Developers Blog: Games Coming to Android Market in Korea
Korea has quickly become one of the top countries in Android device activations. In parallel, we’ve also seen tremendous growth in app downloads from Android Market. Korea is now the second-largest consumer of apps worldwide.


その韓国では、ゲームの扱いが非情に難しい事は以前ブログに書いた。

明日に向かって昇龍拳: 韓国でもAndroid Market内の有料アプリが購入できるようになったが販売はできない
韓国には「ゲーム物等級委員会」というゲームの有害性をレーティングする委員会があり、その委員会の事前審議を受けていないゲームコンテンツは韓国内で販売できない、というルールがある。

よって、韓国のApp Storeでは、ゲームカテゴリーそのものが存在せず、マイクロソフトは「ウィンドウマーケットプレイス」のサービスを2009年11月から開始していたが、2010年1月に中止。Googleが今年4月に韓国でAndroid Marketをオープンしたときには、Android Marketでのゲーム関連アプリのダウンロードについて、委員会と衝突していたとのこと。知らなんだ。


ところが今日、ようやくゲームカテゴリーも韓国のAndroid Marketへ加えられたようだ。

Androidアプリ市場がますます広がっている。