2011年11月2日水曜日

厚木のあのウマイ牛乳は牛舎間借りの4頭体制で作られていたのか?!

夢未市へ行くと必ず買ってしまう、河内賢一さんの牛乳とヨーグルト。決して安くはないのだが、リアルな濃い牛乳が味わえる。本当においしい。

厚木市のサイトで紹介されていた「厚木市:農業に夢を抱く」では、その河内賢一さんが紹介されていた。

なんと河内さんは牛舎を持たず、他の方の牛舎に間借りをして、牛4頭を育てているとのこと。牛舎を間借り?!畜産業界のMVNO?そういう体制もあるんですね。

しかも牛さんは4頭。いい意味で「たった」それだけの牛さんしかいなくても、あれだけのおいしい牛乳が作れるということが驚き。


誰かに与えられる価値というのは、規模の問題じゃないんですねえ。いや、逆にそれだけの元手で、あんなにおいしい牛乳を提供できるというのは、とても効率が高いとも言える。


起業していると、人と話すときによく聞かれることがある。
「資本金はいくらですか?」
「社員は何人いらっしゃるんですか?」

あまり自慢できるものじゃないその数を、心のなかではどこか忸怩たる思いで答えるのだが、改めて考えると、その質問に別に他意はなく、単純な疑問なのかもしれないね。

自分自身、河内さんの牛4頭間借り体制を聞いても、単純な驚きしかなかった。


卑下せず、奢らず、足元をしっかりみて一歩一歩やっていくこと。これが大切なんだね。そういうことこそすぐに忘れて迷ってしまうんだ(^^;)