2013年3月14日木曜日

MediaProviderのgetType()でIllegalStateExceptionが発生して困ったらmimeTypeの指定を確認すべし

画像をダウンロードした際に、そのメタ情報をMediaProviderへ登録するために、MediaScannerConnectionを使っている。
MediaScannerConnection.scanFile(context,
          new String[] { uri.getPath() },
          new String[] { "image/*" },
          new MediaScannerConnection.OnScanCompletedListener() {
            public void onScanCompleted(String path, Uri uri) {
              // Notificationを表示する
              notifyDownloadComplete(context, path, uri, sms);
            }
          });

ところが、MediaProviderのgetType()でIllegalStateExceptionが発生して、Activity Managerがクラッシュしてしまうことが多くて困った。




原因は、MediaScannerConnectionのscanFile()へmimeTypeを指定しているところ。
new String[] { "image/*" },

mimeType判断として、"image/*"と指定して、「何らかの画像」と加えたのが、逆にmimeType判断に時間をかけさせてしまい、IllegalStateException発生の温床にしてしまっていたらしい。

mimeTypeが特定できない場合にスキャンさせる時は、mimeTypeを指定せず、nullを与えて、拡張子から自動的に判断させるようにする方が好ましいようだ。


よって、mimeTypeの指定をnullへ変更。
MediaScannerConnection.scanFile(context,
          new String[] { uri.getPath() },
          null,
          new MediaScannerConnection.OnScanCompletedListener() {
            public void onScanCompleted(String path, Uri uri) {
              // Notificationを表示する
              notifyDownloadComplete(context, path, uri, sms);
            }
          });


面積や、JPEG、PNGなど種類を変えて、様々な画像のダウンロードを試してみたが、変更後は、IllegalStateExceptionは全く発生しなくなった(^。^)