2012年3月8日木曜日

SQLiteの時刻は秒が基本のUnix Timeで管理されている。1000をかけてミリセカンドへ変換するのがミソ。

AndroidのSQLiteに保存した日時を取得する際、1970年1月X日という表示になってちょっとハマった。

ポイントは、SQLiteの時刻はエポックタイム(1970年1月1日)から「何秒」経過しているかというUnix Timeで管理されているが、java.util.Date.getTime()が返すlong値はエポックタイムから「何ミリ秒」経過しているかを計算しているということだった。

単純に1000をかけることで解決。
こんな感じ。

if (cursor.moveToFirst()) {
  do {
    // 保存日を取得
    long date = cursor.getLong(cursor.getColumnIndexOrThrow(MediaStore.Images.Media.DATE_ADDED));

    // SQLiteは秒ベースのUNIX時間で管理されているので1000を掛けてミリセカンドへ単位変更
    date *= 1000;

    // 年月日時分で保存日をフォーマット
    CharSequence dateClause = DateUtils.formatDateTime(getApplicationContext(), date,DateUtils.FORMAT_SHOW_TIME |  DateUtils.FORMAT_SHOW_DATE | DateUtils.FORMAT_SHOW_YEAR);

    // 保存日をTextViewに設定
    TextView download_tv_date_added = (TextView) row.findViewById(R.id.download_tv_date_added);
    download_tv_date_added.setText(dateClause);
  } while (cursor.moveToNext());
}
cursor.close();